映画についてのよけいな事

映画好き。でも何故か映画の感想より俳優や監督への感想ばかり

邦画『ミックス。』はそれ程面白くなかった

    

f:id:konishitoya7:20171024200540p:plain


  

『デート~恋とはどんなものかしら~』(2015年1月~3月フジテレビ系放映) 

 が大好きで、『リーガルハイ』シリーズ(2012~2013年フジテレビ系放映)

 や去年の『逃げるは恥だが役に立つ』の新垣結衣ちゃん(29歳)も好きなので、『デート』、『リーガルハイ』シリーズの脚本家、古沢良太さん(44歳)と『リーガルハイ』シリーズの監督、石川淳一さん(45歳)、プロデューサー、成河広明さん、そして新垣結衣ちゃんの名コンビで作ったラブコメディという事で非常に楽しみにして観に行ったら、そんなに面白く楽しくなかった。

何故だろう、『リーガルハイ』の古美門研介や『デート』の藪下依子、谷口巧カップルみたいな凄い迫力の変人が主役じゃないから?

コメディの面白さって何だろうな……

それぞれの好みで”面白い”も違うんだろうけど

美男美女カップルの都会的でおしゃれなラブコメが好きな方もいれば、

ファレリー兄弟が作っていたおバカさん達のナンセンスコメディ(『ダム&ダマー』1995年日本公開、や『メリーに首ったけ』1999年日本公開)とか『ハングオーバー』(日本では当初、劇場未公開予定だったが、この作品のファン達の強い要望により2010年劇場公開にこぎつけた)みたいな大笑いさせてくれるタイプのコメディが好きな人。(これ、私のことです。だから多分少数派だろうな)

TVの深夜帯でやってるような、ゆるくてオフビートなコメディドラマが好きな方とか。

ただ、コメディの良し悪しに大きな影響を与えるのは「アイデア!」どれくらい新鮮か、逆転の発想か。何年たっても、みんなに愛されてるコメディはそこが他とは違うと思います。『ホーム・アローン』シリーズしかり、『ベイビー・トーク』シリーズしかり。『ホーム・アローン』なんて、柳の下のドジョウ狙いで5作目まで作られたそうです。

私が大好きだった『リーガルハイ』も『デート』も登場人物のキャラが逆転の発想だから、あんなに面白くて魅力的で、勢いがあったんだろうなー!と思います。

f:id:konishitoya7:20171024185737p:plain

  一気に杏さん(31歳)のファンになった『デート』

 

f:id:konishitoya7:20171024215609p:plain

「正義は金で買える。金を持ってこい!」

                    

 

釣りバカ日誌』シリーズも漫画の映画化ですが、やはりアイデアの匠さで楽しませてくれますしね。趣味と家庭だけを大事に生きている窓際社員のハマちゃんとその勤務先の大社長のスーさんが友達なんですから。

又、主役の、ギャグ担当の人がどれだけとぼけた味がだせるか、愛されるキャラクターであるか、も大きいだろうなと思います。  

私は”寅さん”シリーズは、若い時は見向きもしなかったのですが、中年になってから、これってコメディのお手本のような作品だなーと悟りました。

寅さんの、立ってるだけで笑みがこぼれてくるような風貌はもちろん、この『男はつらいよ』の魅力って、面白さだけじゃないです、あのいい加減な風来坊の寅さんが、度々、みんなが気がついてない、又は臭いものに蓋をしてる”真実”を言うんですよね。しかも、金言を言う時は、あのふざけた風体なのに”ですます調”で丁寧に言うんですよ。だから、よけいに響くんですよね。

イデアも大事、愛されるキャラクターも大事、人生の真実や感動も大事って事でしょうか、コメディ映画って、作るのが一番むずかしいジャンルかもしれないですね。